大阪交響楽団

第257回 定期演奏会

2022年7月22日(金)

開場18:00 / 開演19:00
大阪府 オーケストラ プロ

SNS共有

Place

都道府県 大阪府
ホール名 ザ・シンフォニーホール
住所 大阪府大阪市北区大淀南2-3-3

Ticket

有料 全席指定
S席 6500円
A席 5500円
B席 4000円
C席 2500円
D席 1000円
オルガン席 2,000円

※D席は、楽団WEB前売限定。当日券の販売はございません。

青少年学生券 A席
1回券1,000円
5回券4,000円
※青少年学生券は、楽団のみ取り扱い。
当日座席指定。25歳までの学生のみ有効。
学生証ご提示の上、A席エリア座席券とお引き換え。
お席のご希望はお伺いできません。
青少年学生券(5回券)の1回のご利用人数に制限はございません。
購入日より1年間有効。
お申込みは、楽団事務局( TEL072-226-5522 平日10~17時)、または主催公演会場にて。

B席8回セット券 22,400円

C席8回セット券 16,000円

※上記セット券につきましては電話(072-226-5522)でのご注文をお願いいたします。

Program

[指揮] ガブリエル・フェルツ
[ヴァイオリン] 白井 圭
[チェロ] 門脇 大樹
ブラームス 悲劇的序曲 ニ短調
ブラームス ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調
ベートーヴェン 交響曲第7番 イ長調

Comment

2022年はブラームスの没後125年。大阪響と度々共演を重ねてきたドイツ期待の指揮者ガブリエル・フェルツの下、一味違った切り口でブラームスのメモリアル・イヤーに臨みます。演目は「悲劇的序曲」と管弦楽を用いた最後の作品である「ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」。デュオを担うのは、ヴァイオリンの白井 圭とチェロの門脇大樹(共にトリオ・アコードのメンバー)の秀英たちです。メインにはブラームスが畏怖、崇拝したベートーヴェンの作から交響曲第7番を。フェルツの指揮が“舞踏の聖化”に堂々迫ります。