ヘッダーロゴ画像
ヘッダーロゴ画像
コンサートを探す
コンサートを探す
  • 新日本フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 日本センチュリー交響楽団のロゴ画像
  • 東京都交響楽団のロゴ画像
  • 兵庫芸術文化センターのロゴ画像
  • 名古屋フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 仙台フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 山形交響楽団のロゴ画像
  • 札幌交響楽団のロゴ画像
  • 愛知室内オーケストラのロゴ画像
  • Osaka Shion Wind Orchestraのロゴ画像
  • 大阪フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • セントラル愛知交響楽団のロゴ画像
  • オーケストラ・アンサンブル金沢のロゴ画像
  • 関西フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 京都市交響楽団のロゴ画像
  • 大阪交響楽団のロゴ画像
  • 京都フィルハーモニー室内合奏団のロゴ画像
  • 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のロゴ画像
  • 岡山フィルハーモニック管弦楽団のロゴ画像
  • 中部フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 富士山静岡交響楽団のロゴ画像
  • 瀬戸フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 新日本フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 日本センチュリー交響楽団のロゴ画像
  • 東京都交響楽団のロゴ画像
  • 兵庫芸術文化センターのロゴ画像
  • 名古屋フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 仙台フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 山形交響楽団のロゴ画像
  • 札幌交響楽団のロゴ画像
  • 愛知室内オーケストラのロゴ画像
  • Osaka Shion Wind Orchestraのロゴ画像
  • 大阪フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • セントラル愛知交響楽団のロゴ画像
  • オーケストラ・アンサンブル金沢のロゴ画像
  • 関西フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 京都市交響楽団のロゴ画像
  • 大阪交響楽団のロゴ画像
  • 京都フィルハーモニー室内合奏団のロゴ画像
  • 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のロゴ画像
  • 岡山フィルハーモニック管弦楽団のロゴ画像
  • 中部フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 富士山静岡交響楽団のロゴ画像
  • 瀬戸フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 新日本フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 神奈川フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 日本センチュリー交響楽団のロゴ画像
  • 東京都交響楽団のロゴ画像
  • 兵庫芸術文化センターのロゴ画像
  • 名古屋フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 仙台フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 山形交響楽団のロゴ画像
  • 札幌交響楽団のロゴ画像
  • 愛知室内オーケストラのロゴ画像
  • Osaka Shion Wind Orchestraのロゴ画像
  • 大阪フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • セントラル愛知交響楽団のロゴ画像
  • オーケストラ・アンサンブル金沢のロゴ画像
  • 関西フィルハーモニー管弦楽団のロゴ画像
  • 京都市交響楽団のロゴ画像
  • 大阪交響楽団のロゴ画像
  • 京都フィルハーモニー室内合奏団のロゴ画像
  • 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団のロゴ画像
  • 岡山フィルハーモニック管弦楽団のロゴ画像
  • 中部フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
  • 富士山静岡交響楽団のロゴ画像
  • 瀬戸フィルハーモニー交響楽団のロゴ画像
室内楽 / アンサンブルのコンサート
室内楽 / アンサンブルのコンサート
吹奏楽のコンサート
吹奏楽のコンサート
作曲家からコンサートを探す
作曲家からコンサートを探す
作曲家の名前を選択してください
作曲家の画像
ムソルグスキー
Modest Petrovich Mussorgsky
1839年3月21日 - 1881年3月28日
6歳から母の手ほどきでピアノを始める。1856年プレオプラジェンスキー近衛連隊に入隊後、バラキレフの指導のもとで歌曲とピアノ曲などの習作を手がける。1863年以降は独学的に作曲を進めていくが、批評家たちには受けが悪く、強い批判を浴びる。実生活でも母の死から深刻なアルコール依存症に陥るほか、公務員としての生活は長く安定しなかった。1880年に公務員の地位を追われ、翌年には4度の心臓発作に見舞われ入院。42歳で死去。
ムソルグスキー
Modest Petrovich Mussorgsky
1839年3月21日 - 1881年3月28日
6歳から母の手ほどきでピアノを始める。1856年プレオプラジェンスキー近衛連隊に入隊後、バラキレフの指導のもとで歌曲とピアノ曲などの習作を手がける。1863年以降は独学的に作曲を進めていくが、批評家たちには受けが悪く、強い批判を浴びる。実生活でも母の死から深刻なアルコール依存症に陥るほか、公務員としての生活は長く安定しなかった。1880年に公務員の地位を追われ、翌年には4度の心臓発作に見舞われ入院。42歳で死去。
作曲家の画像
ファリャ
Manuel de Falla
1876年11月23日 - 1946年11月14日
母からピアノの手ほどきを受け、その後マドリードでホセ・トラゴにピアノ、作曲をペドレルに師事。30歳を過ぎてパリに渡ったのちに音楽家として本格的に活動した。パリで印象主義の影響を受け、マドリードに戻った後も、緻密なバレエ音楽、彩度の高い管弦楽作品、大胆な声楽作品、洗練されたピアノ作品などを作曲し、スペイン民族主義と印象主義を上手く融合させた。ファリャの音楽は強い民族的色彩を持ち、洗練された表現法も併せ持っている。
ファリャ
Manuel de Falla
1876年11月23日 - 1946年11月14日
母からピアノの手ほどきを受け、その後マドリードでホセ・トラゴにピアノ、作曲をペドレルに師事。30歳を過ぎてパリに渡ったのちに音楽家として本格的に活動した。パリで印象主義の影響を受け、マドリードに戻った後も、緻密なバレエ音楽、彩度の高い管弦楽作品、大胆な声楽作品、洗練されたピアノ作品などを作曲し、スペイン民族主義と印象主義を上手く融合させた。ファリャの音楽は強い民族的色彩を持ち、洗練された表現法も併せ持っている。
作曲家の画像
A.リード
Alfred Reed
1921年1月25日 - 2005年9月17日
200曲以上の吹奏楽を作曲したリードは、吹奏楽においては、20世紀を代表する音楽家の1人とされる。10歳からトランペット、15歳から作曲を学び、高校を卒業すると放送局の作曲編曲兼副指揮者の仕事に就いた。第二次世界大戦中に第529陸軍航空隊バンドに配属され、終戦後は、ラジオや映画、NBCやABCなどのテレビ番組のために作曲や編曲も手掛けた。1981年に東京佼成ウインドオーケストラの招きを受けて初来日。1988年からは洗足学園音楽大学客員教授を務め、また数多くのアマチュア楽団を精力的に指導した。
A.リード
Alfred Reed
1921年1月25日 - 2005年9月17日
200曲以上の吹奏楽を作曲したリードは、吹奏楽においては、20世紀を代表する音楽家の1人とされる。10歳からトランペット、15歳から作曲を学び、高校を卒業すると放送局の作曲編曲兼副指揮者の仕事に就いた。第二次世界大戦中に第529陸軍航空隊バンドに配属され、終戦後は、ラジオや映画、NBCやABCなどのテレビ番組のために作曲や編曲も手掛けた。1981年に東京佼成ウインドオーケストラの招きを受けて初来日。1988年からは洗足学園音楽大学客員教授を務め、また数多くのアマチュア楽団を精力的に指導した。
作曲家の画像
スッペ
Franz von Suppe
1819年4月18日 - 1895年5月21日
オーストリア出身の作曲家。1819年ダルマチア地方スプリトに生まれる。オペレッタの父と言われたオッフェンバックとは同年生まれである。幼少期よりフルートと和声法を学び、13歳の時には地元の教会でカトリック典礼のミサ曲を作曲した。オッフェンバックのオペレッタをウィーンで初めて手がけたことから、ウィンナ・オペレッタの父と呼ばれている。生前、200以上の劇音楽や、36のオペラ、オペレッタを残した。代表作には『軽騎兵』や『詩人と農夫』の序曲などがある。
スッペ
Franz von Suppe
1819年4月18日 - 1895年5月21日
オーストリア出身の作曲家。1819年ダルマチア地方スプリトに生まれる。オペレッタの父と言われたオッフェンバックとは同年生まれである。幼少期よりフルートと和声法を学び、13歳の時には地元の教会でカトリック典礼のミサ曲を作曲した。オッフェンバックのオペレッタをウィーンで初めて手がけたことから、ウィンナ・オペレッタの父と呼ばれている。生前、200以上の劇音楽や、36のオペラ、オペレッタを残した。代表作には『軽騎兵』や『詩人と農夫』の序曲などがある。
作曲家の画像
ヤナーチェク
Leos Janacek
1854年7月3日 - 1928年8月12日
モラヴィア(現在のチェコ東部)出身の作曲家。若いころから強い関心を抱いていたモラヴィア民謡の研究成果に基づいて、民族的要素を単に異国趣味的装飾としてではなく、西欧近代音楽の語法と融合し発展させた点で、きわめて独創的なものをもっている。器楽曲では、同じチェコ作曲家であるスメタナやドヴォルザークの影響に加えて後年印象主義的傾向がみられ、とくに管弦楽曲『タラス・ブーリバ』と『シンフォニエッタ』はよく親しまれている。
ヤナーチェク
Leos Janacek
1854年7月3日 - 1928年8月12日
モラヴィア(現在のチェコ東部)出身の作曲家。若いころから強い関心を抱いていたモラヴィア民謡の研究成果に基づいて、民族的要素を単に異国趣味的装飾としてではなく、西欧近代音楽の語法と融合し発展させた点で、きわめて独創的なものをもっている。器楽曲では、同じチェコ作曲家であるスメタナやドヴォルザークの影響に加えて後年印象主義的傾向がみられ、とくに管弦楽曲『タラス・ブーリバ』と『シンフォニエッタ』はよく親しまれている。
運営からのお知らせ
運営からのお知らせ
clanavi公式アカウント
@clanavi-official
作曲家ページに、その作曲家の楽譜が並ぶヤマハの「ぷりんと楽譜」のページに行くリンクを取り付けました。
実はこのコンテンツは広告でもありますが…参考にご利用いただけたら嬉しいです!
2024/3/19 22:36
clanavi公式アカウント
@clanavi-official
Apple Music classical 登場しました
世界最大規模のクラシック音楽のカタログ、エキスパート厳選の700を超えるプレイリスト。

UIはApple Music に似てますが、微妙にクラシック音楽専用の設計で、クラシック聴きたい時になんとなく使いやすい感じです(個人の感想です)

Apple Music サブスク利用者は追加料金なし、サブスク内で利用できます
2024/2/2 11:56
clanavi公式アカウント
@clanavi-official
トップページに機能追加しました!

運営からのお知らせ隣に、作曲家からコンサートを探す機能を置いておきました。ご活用ください♥
2024/1/18 17:48
clanavi公式アカウント
@clanavi-official
1月からのTBSドラマ日曜劇場はオーケストラですね!
https://www.tbs.co.jp/sayonaramaestro_tbs/

クラナビ開発リーダーも子供の頃にのだめカンタービレをみてオケに目覚めたとか。
オーケストラが身近に感じられて、楽器やりたい!オケやりたい!とゆう人が増えるとよいですね
\(^o^)/
2024/1/13 13:06
clanavi公式アカウント
@clanavi-official
2024年がスタートしました!今年もみなさまの音楽ライフが楽しく充実されることをお祈りしております♥

昨年末に登録団体数が300となりました!
そしてクラナビは新体制となり、新たなコンテンツも準備中・・・
2024/1/11 15:55