Wilhelm Stenhammar

ステーンハンマル
スウェーデン・ 1871 - 1927
1887年から1892年までストックホルムでピアノ・オルガン・作曲を学び、1892年春にピアニストとしてデビュー。同年秋から翌年まで、ベルリンにピアノ留学。この頃からコンサート・ピアニストとして、熱心かつ積極的に活動を行う。当初の作風は、力強さと激しい情感を伝える重厚な作品であったが、1910年を境に新しい理想を成熟させ、それ以降は、「北欧風」の抑揚を目標に掲げ、効果なしでも成り立つような、「透明で飾り気ない」音楽を作曲しようとした。

注目度の高いコンサート

楽曲一覧

  • 交響曲第1番
  • 交響曲第2番
  • 交響曲第3番
  • セレナード
  • 演奏会用序曲『エクセルシオール!』
  • 2つの感傷的なロマンス
  • ヴァイオリンソナタ
  • ピアノ協奏曲第1番
  • ピアノ協奏曲第2番
  • 弦楽四重奏曲第1番
  • 弦楽四重奏曲第2番
  • 弦楽四重奏曲第3番
  • 弦楽四重奏曲第4番
  • 弦楽四重奏曲第5番
  • 弦楽四重奏曲第6番
  • ソールハウグの宴
  • ティルフィング
  • 3つの幻想的小曲集
  • 5つの小品『晩夏の夜』
  • ピアノソナタ
  • ピアノソナタ
  • ピアノソナタ
  • ピアノソナタ
  • ピアノソナタ
  • カンタータ『一つの民族』

注目度の高いコンサート