Jacques Offenbach

オッフェンバック
ドイツ・ 1819 - 1880
ドイツに生まれフランスで活躍した作曲家、チェロ奏者である。オペレッタの原型を作り、「オペレッタの父」と言われ、音楽と喜劇との融合を果たした作曲家である。美しいメロディーを次々と生み出すことから、ロッシーニから“シャンゼリゼのモーツァルト”とも評される。痛烈な風刺、退廃的な快楽主義の要素が強いオペレッタは大衆に受け入れられ、爆発的な人気と共に幾度もの上演が行われる一方で、知識人からの批判もあったという。

楽曲一覧

  • オペレッタ「天国と地獄」序曲