Friedrich Smetana

スメタナ
チェコ・ 1824 - 1884
オーストリア=ハンガリー帝国によって支配されていたチェコの独立国家への願望、チェコ民族主義と密接に関係する国民楽派を発展させた先駆者。スメタナが作り上げた芸術の基礎にあるものは、民族主義とリアリズム、ロマン主義であり、後期のすべての音楽の中に通じる特徴として、叙情的な性質を挙げることができる。オペラを除く著名な作品すべては、プログラムのために書かれており、その多くが、明確に自叙伝体である。

楽曲一覧

  • 歌劇「売られた花嫁」序曲
  • ピアノ三重奏曲
  • 弦楽四重奏曲第1番「わが生涯より」
  • 弦楽四重奏曲第2番
  • ヴィオラ
  • ダリボル
  • ボヘミアのブランデンブルク人
  • リブシェ
  • 二人のやもめ
  • 口づけ
  • 売られた花嫁
  • 悪魔の壁
  • 秘密
  • シッド
  • ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番のためのカデンツァ
  • モーツァルトのピアノ協奏曲第20番のためのカデンツァ
  • モーツァルトのピアノ協奏曲第24番のためのカデンツァ
  • モーツァルトのピアノ協奏曲第27番のためのカデンツァ
  • 歌劇「ダリボル」の主題による幻想曲
  • 歌劇「ダリボル」の主題による接続曲
  • 歌劇「二人のやもめ」からポルカ
  • シェイクスピアの「リチャード三世」のためのファンファーレ
  • 連作交響詩「わが祖国」
  • 連作交響詩「わが祖国」より "モルダウ"