Erik Satie

サティ
フランス・ 1866 - 1925
サティは、様々な西洋音楽の伝統に問題意識を持って作曲し続け、革新的な技法を盛り込んでいった。教会旋法を自作品に採り込んだのは、彼の業績の一つ。そこでは調性は放棄され、和声進行の伝統も無視され、並行音程・並行和音などの対位法における違反進行もが書かれた。また、厳密な調性からはずれた自由な作風のため、調号の表記も後に捨てられ、拍子についても自由に書き、拍子記号・小節線・縦線・終止線も後に廃止された。

注目度の高いコンサート

楽曲一覧

  • 家具の音楽
  • 組み合わされた3つの小品
  • 舞曲
  • シテール島への船出
  • 再発見された像の娯楽
  • 右や左に見えるもの〜眼鏡無しで
  • (犬のための)ぶよぶよとした前奏曲
  • 5つの夜想曲
  • あらゆる意味にでっちあげられた数章
  • アレグロ
  • オジーヴ
  • グノシエンヌ
  • コ・クオの少年時代(母親の忠告)
  • ゴシック舞曲
  • サラバンド
  • ジムノペディ
  • スポーツと気晴らし
  • ワルツ=バレエ
  • 不愉快な概要
  • 世紀ごとの時間と瞬間の時間
  • 冷たい小品
  • 古い金貨と古い鎧
  • 太った木の人形のスケッチとからかい
  • 嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ
  • 子供の曲集 第1巻『短い子供のお話』
  • 子供の曲集 第2巻『絵に描いたような子供らしさ』
  • 子供の曲集 第3巻『はた迷惑な微罪』
  • 新・冷たい小品集
  • 最後から2番目の思想
  • 梨の形をした3つの小品
  • 犬のためのしまりのない真正な前奏曲
  • 胎児の干物
  • 自動記述法
  • 『いやいやながら医者にされ』のためのレチタティーヴォ
  • バレエ音楽『パラード』
  • バレエ音楽『メルキュール』
  • バレエ音楽『ユスピュ』
  • バレエ音楽『本日休演』
  • サーカス劇『5つのしかめっ面』
  • ブラバン婦人のジュヌヴィエーヴ
  • 劇付随音楽『ソクラテス』
  • 喜歌劇『メデューサの罠』
  • 『救いの旗』のための頌歌
  • 3つの恋愛詩
  • 3つの歌曲
  • 4つのささやかなメロディ
  • シャンソン
  • ジュ・トゥ・ヴー
  • 潜水人形

注目度の高いコンサート