Gabriel Urbain Faure

フォーレ
フランス・ 1845 - 1924
幼い頃から教会のリード・オルガンに触れるうちに天性の楽才を見出された。9歳のときに入学したパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校にて教師としてやってきたサン=サーンスにピアノと作曲を師事した。作品形態は当時の流行を追わず、古典主義的な楽曲形式を採用した。調性においては、頻繁な転調のなかに、ときとして無調的な響きも挿入されるが、旋律や調性から離れることはなかった。また、フランス国立音楽・演劇学校の作曲科教授も務めている。

注目度の高いコンサート

楽曲一覧

  • パヴァーヌ
  • ヴァイオリン・ソナタ第1番
  • ヴァイオリン・ソナタ第2番
  • エレジー
  • シシリエンヌ
  • チェロ・ソナタ第1番
  • ピアノ五重奏曲第1番
  • ピアノ五重奏曲第2番
  • ピアノ四重奏曲第1番
  • 子守歌
  • ピアノ組曲「ドリー」
  • 主題と変奏
  • 夜想曲第6番
  • 舟歌第11番
  • ペレアスとメリザンド
  • 優しき歌
  • 夢のあとに
  • 月の光

注目度の高いコンサート