Antonio Vivaldi

ヴィヴァルディ
イタリア・ 1678 - 1741
幼少時から父親のもとでヴァイオリンに習熟すると共に、父親の音楽仲間から作曲法などを学ぶ。1703年からヴァイオリンの教師として教鞭を執り始める。1713年以降オペラの作曲に精力的に取り組み始め、ヨーロッパ各地を旅行してオペラを上演し人気を集める。長年の活躍によりイタリア本土と諸外国で名声を得ていたが、パトロンだったカール6世の崩御やオーストリア継承戦争の勃発に伴い上演ができない状況が続き、失意のうちに63歳で死去。

注目度の高いコンサート

楽曲一覧

  • 『ソロ・ヴァイオリンと遠くのこだま用のヴァイオリンのための協奏曲 』
  • 『様々な楽器のための協奏曲』
  • 2 ヴァイオリン協奏曲『パドヴァの聖アントニオの舌の祝日のために』
  • 2つのヴァイオリンのための協奏曲
  • 2つのヴァイオリンのための協奏曲
  • 2つのヴァイオリンのための協奏曲
  • 2つのヴァイオリンのための協奏曲
  • 2つのオーケストラのための協奏曲
  • 2つのオーボエのための協奏曲
  • 2つのオーボエのための協奏曲
  • 2つのチェロのための協奏曲
  • 2つのトランペットのための協奏曲
  • 2つのフルートのための協奏曲
  • 2つのマンドリンのための協奏曲
  • ヴァイオリン、2本のオーボエ、2本のリコーダーとファゴットのための協奏曲『ドレスデンのオーケストラのために』
  • ヴァイオリン、2本のオーボエと2本のホルンのための協奏曲 『聖ロレンツォの祝日のために』
  • ヴァイオリン、オーボエ、シャリュモーと3つのヴィオラ・アッリングレーゼのための協奏曲『葬送協奏曲』
  • ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 『プロテウス、すなわち逆様の世界』
  • ヴァイオリン協奏曲『アマート・ベネ』
  • ヴァイオリン協奏曲『アンナ・マリアのために』
  • ヴァイオリン協奏曲『お気に入り』
  • ヴァイオリン協奏曲『グロッソ・モグール』
  • ヴァイオリン協奏曲『トゥロンバ・マリーナ風ヴァイオリンで』
  • ヴァイオリン協奏曲『ピゼンテル氏のために』
  • ヴァイオリン協奏曲『ポストホルン』
  • ヴァイオリン協奏曲『不安』
  • ヴァイオリン協奏曲『冬』
  • ヴァイオリン協奏曲『喜び』
  • ヴァイオリン協奏曲『夏』
  • ヴァイオリン協奏曲『恋人』
  • ヴァイオリン協奏曲『春』
  • ヴァイオリン協奏曲『海の嵐』
  • ヴァイオリン協奏曲『疑い』
  • ヴァイオリン協奏曲『秋』
  • ヴァイオリン協奏曲『聖ロレンツォの祝日のために』
  • ヴァイオリン協奏曲『聖母マリア昇天祭のために』
  • チェンバロ協奏曲
  • 協奏曲
  • 協奏曲 『ごしきひわ』
  • 協奏曲 『夜』
  • 協奏曲 『女羊飼い』
  • 協奏曲集「四季」
  • アテナイデ(アテナイス)、すなわち惜しみない情愛
  • アルジッポ
  • ウティカのカトーネ
  • エジプトの戦場のアルミーダ
  • オリンピアーデ(オリンピック)
  • オルランド・フリオーソ(怒りのオルランド)
  • グリゼルダ
  • ジュスティーノ(ユスティヌス)
  • ダリオの戴冠
  • ティート・マンリオ(ティトゥス・マンリウス)
  • テウッツォーネ
  • テルモドン川のエールコレ(ヘラクレス)
  • テンペのドリッラ
  • バヤゼット(バヤズィト)
  • ファルナーチェ(ファルナケス)
  • ポントの女王アルシルダ
  • モテズーマ(モンテズマ)
  • 幸福な一日
  • 愛と憎しみに勝つ徳、すなわちティグラネス王
  • 救われたアンドロメダ
  • 狂気を装うオルランド
  • 試練の中の真実
  • 貞節な妖精(忠実な妖精)
  • 離宮のオットー大帝(オットーネ)

注目度の高いコンサート