Modest Petrovich Mussorgsky

ムソルグスキー
ロシア・ 1839 - 1881
6歳から母の手ほどきでピアノを始める。1856年プレオプラジェンスキー近衛連隊に入隊後、バラキレフの指導のもとで歌曲とピアノ曲などの習作を手がける。1863年以降は独学的に作曲を進めていくが、批評家たちには受けが悪く、強い批判を浴びる。実生活でも母の死から深刻なアルコール依存症に陥るほか、公務員としての生活は長く安定しなかった。1880年に公務員の地位を追われ、翌年には4度の心臓発作に見舞われ入院。42歳で死去。

楽曲一覧

  • 交響曲
  • アラ・マルチャ・ノットゥルナ
  • スケルツォ
  • 古典様式による交響的間奏曲
  • 禿山の一夜(リムスキーコルサコフ版)
  • 禿山の聖ヨハネ祭の夜
  • 組曲「展覧会の絵」(M.ラヴェルによる管弦楽編)
  • 行進曲『カルスの奪還』
  • ボリス・ゴドゥノフ
  • アレグロとスケルツォ
  • クリミア南岸にて
  • スケルツォ 変ロ長調
  • スケルツォ 嬰ハ短調
  • 古典様式による間奏曲
  • 子供の遊び(スケルツォ)
  • 子供の頃の思い出
  • 子供の頃の思い出
  • 情熱的な即興曲
  • 村にて
  • 気まぐれな女
  • 瞑想曲 - アルバムの綴り
  • 紡ぎ女(スケルツィーノ)
  • 組曲『展覧会の絵』
  • 騎士のポルカ
  • 交響詩『禿山の一夜』
  • 3つのヴォカリーズ
  • 5つのロシア民謡
  • ああ、この飲んだくれめ
  • ああ、なぜお前の目は冷たいのか
  • ああ、麻紡ぎが男の仕事か
  • あなた方にとって愛の言葉が何でしょう?
  • イエス・ナヴィヌス(ヨシュア)
  • いたずらっ子
  • エリョームシュカの子守歌
  • おしゃべりかささぎ
  • カリストラート
  • カリストラートゥシュカ
  • かわいいサーヴィシナ
  • きのこ狩り
  • ゴパーク
  • サウル王
  • さすらい人
  • しかし、またお前に会えるなら
  • スフィンクス
  • センナヘリブの陥落
  • ドニエプル川で
  • ドン川のほとりの花園
  • なぜか話して、愛する人よ
  • ヘブライの歌
  • みなし子
  • ラヨーク
  • 不幸は落雷のようにではなく襲った
  • 傲慢
  • 古典主義者
  • 墓碑銘
  • 夕べの歌
  • 子供の歌
  • 子守歌
  • 安らかに眠れ、農夫の子よ
  • 忘れられた者
  • 悲しげに木の葉はざわめく
  • 悲しみは広がり
  • 戦の前のサウル王
  • 星よ、お前はどこに
  • 楽しい時
  • 歌曲集『子供部屋』
  • 歌曲集『日の光もなく』
  • 歌曲集『死の歌と踊り』
  • 牡羊座 - 世俗のお話
  • 田舎の歌
  • 祈り
  • 神学生
  • 私には多くの宮殿と庭がある
  • 私の心の憧れ
  • 私の涙からたくさんの花が咲き
  • 老人の歌
  • 草の茂る山
  • 蚤の歌
  • 見捨てられた女 - レチタティーヴォの試み
  • 集い
  • 願い
  • 風は吹く、激しい風が
  • 魂は静かに天に昇る