Aleksandr Konstantinovich Glazunov

グラズノフ
ロシア・ 1865 - 1936
ロシア出身の作曲家。1865年サンクトペテルブルクに生まれる。フィンランド出身の作曲家、ジャン・シベリウスとは同年生まれである。幼少期よりピアノと作曲を学び、その才能はリムスキー=コルサコフにも認められていた。自身もペテルブルクの音楽院で教鞭を取り、ショスタコーヴィチも生徒であった。代表作にはバレエ音楽『四季』などがある。交響曲は第8番まで存在する。(第9番の創作へも着手していたが、「第9の呪い」を忌んだことで未完となった。)

注目度の高いコンサート

楽曲一覧

  • ヴァイオリン協奏曲
  • 祝典序曲

注目度の高いコンサート