Maurice Ravel

ラヴェル
フランス・ 1875 - 1937
両親の激励でパリ音楽院に進学。1898年に公式デビューを果たし、強迫観念とも言える探求により1901年から1908年の間に多くの作品を生み出した。1909年、ロンドンでのツアーに参加し、自身が海峡のむこうで高く評価されていることを知る。第一次世界大戦勃発以降、創作活動は低調になるが1928年のアメリカ演奏旅行の成功により世界的に有名になる。1932年の交通事故でそれまでの記憶障害や言語症が徐々に進行していき、病状は悪化の一途を辿る。満62歳没。

楽曲一覧

  • ピアノ協奏曲
  • 左手のためのピアノ協奏曲
  • 『シェヘラザード』序曲
  • 『ダフニスとクロエ』第1組曲
  • 『ダフニスとクロエ』第2組曲
  • スペイン狂詩曲
  • ツィガーヌ
  • ラ・ヴァルス
  • 眠りの森の美女のパヴァーヌ
  • 組曲『クープランの墓』
  • 組曲『マ・メール・ロワ』
  • 高雅で感傷的なワルツ
  • ヴァイオリンソナタ第1番
  • ヴァイオリンソナタ第2番
  • ヴァイオリンとチェロのためのソナタ
  • ピアノ三重奏曲
  • フォーレの名による子守歌
  • 序奏とアレグロ
  • 弦楽四重奏曲
  • 歌劇『オリンピア』
  • 歌劇『スペインの時計』
  • 歌劇『子供と魔法』
  • グリーグの主題による変奏曲
  • グロテスクなセレナード
  • シューマンの主題による変奏曲
  • スペイン狂詩曲
  • ハイドンの名によるメヌエット
  • ハバネラ
  • パレード
  • ピアノ組曲『ダフニスの上品な踊り』
  • フーガ, M.23
  • フーガ, M.27
  • フーガ, M.32
  • フーガ, M.36
  • フーガ, M.44
  • メヌエット
  • ラ・ヴァルス
  • ルベールの主題による4声のフーガ
  • ワルツ
  • 亡き王女のためのパヴァーヌ
  • 前奏曲
  • 口絵
  • 古風なメヌエット
  • 夜のガスパール
  • 水の戯れ
  • 組曲『クープランの墓』
  • 組曲『鏡』
  • 鐘が鳴る中で
  • 高雅で感傷的なワルツ
  • バレエ音楽『ダフニスとクロエ』
  • バレエ音楽『マ・メール・ロワ』
  • ファンファーレ
  • ボレロ
  • 3つの歌
  • あらゆる物が輝いている
  • おもちゃのクリスマス
  • カンタータ『アリサ』
  • カンタータ『アルキュオーネ』
  • カンタータ『ミルラ』
  • ステファヌ・マラルメの3つの詩
  • スピネットを弾くアンヌのこと
  • ドゥルシネア姫に心を寄せるドン・キホーテ
  • ハバネラ形式のヴォカリーズ
  • プロヴァンスの朝
  • マダガスカル島民の歌
  • ロンサール、その魂に寄せて
  • 何と打ち沈んだ
  • 愛に死せる王女のためのバラード
  • 暗く果てしない眠り
  • 歌曲集『シェエラザード』
  • 歌曲集『博物誌』
  • 激しい風が海の彼方から
  • 私に雪を投げたアンヌのこと
  • 紡ぎ車の歌
  • 聖女
  • 舞姫
  • 花のマント
  • 草の上で