Felix Mendelssohn

メンデルスゾーン
ドイツ・ 1809 - 1847
6歳で母親からピアノの手ほどきを受け始める。幼少期から多作な作曲家でもあり、最初に出版された作品は13歳で作曲したもの。バッハの『マタイ受難曲』を自らの指揮により復刻公演したことで名声は一気に高まり、その後数年間ヨーロッパ各地へ演奏旅行を行う。1835年にはライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者に就任。1843年にはライプツィヒ音楽院を設立する。晩年は神経症の悪化と過労に悩まされており、38歳の若さでこの世を去る。

楽曲一覧

  • 交響曲第1番
  • 交響曲第2番「讃歌」
  • 交響曲第3番「スコットランド」
  • 交響曲第4番「イタリア」
  • 交響曲第5番「宗教改革」
  • ヴァイオリン協奏曲
  • セレナードとアレグロ・ジョコーソ
  • ピアノ協奏曲第1番
  • ピアノ協奏曲第2番
  • 華麗なるカプリッチョ
  • 華麗なるロンド
  • トランペット序曲
  • 序曲『フィンガルの洞窟』
  • 序曲『リュイ・ブラース』
  • 序曲『夏の夜の夢』
  • 序曲『美しいメルジーネの物語』
  • 序曲『静かな海と楽しい航海』
  • 行進曲
  • ヴァイオリンソナタ
  • チェロソナタ第1番
  • チェロソナタ第2番
  • ピアノ三重奏曲第1番
  • ピアノ三重奏曲第2番
  • ピアノ六重奏曲
  • ピアノ四重奏曲第1番
  • ピアノ四重奏曲第2番
  • ピアノ四重奏曲第3番
  • 協奏的小品第1番
  • 協奏的小品第2番
  • 協奏風変奏曲
  • 変奏曲とスケルツォ
  • 弦楽五重奏曲第1番
  • 弦楽五重奏曲第2番
  • 弦楽八重奏曲
  • 弦楽四重奏曲第1番
  • 弦楽四重奏曲第2番
  • 弦楽四重奏曲第3番
  • 弦楽四重奏曲第4番
  • 弦楽四重奏曲第5番
  • 弦楽四重奏曲第6番
  • 無言歌
  • 歌劇『カマチョの結婚』
  • 歌劇『ローレライ』
  • 歌劇『異国からの帰郷』
  • 『夏の名残りのばら』による幻想曲
  • 3つのカプリッチョ
  • 3つの前奏曲
  • 3つの幻想曲、またはカプリス
  • 3つの練習曲
  • 6つの前奏曲とフーガ
  • 7つの性格的小品
  • アルバムの綴り
  • カプリッチョ
  • カプリッチョ
  • ピアノソナタ第1番
  • ピアノソナタ第2番
  • ピアノソナタ第3番
  • ロンド・カプリチオーソ
  • 厳格な変奏曲
  • 変奏曲, Op.82
  • 変奏曲, Op.83
  • 子供のための6つのピアノ小品
  • 常動曲
  • 幻想曲『スコットランド風ソナタ』
  • 無言歌集第1巻
  • 無言歌集第2巻
  • 無言歌集第3巻
  • 無言歌集第4巻
  • 無言歌集第5巻
  • 無言歌集第6巻
  • 無言歌集第7巻
  • 無言歌集第8巻
  • 華麗なるアレグロ
  • 葬送行進曲
  • 3つの前奏曲とフーガ
  • 6つのオルガンソナタ
  • 吹奏楽のための序曲
  • 付随音楽『アタリー』
  • 付随音楽『アンティゴネ』
  • 付随音楽『コロノスのオイディプス』
  • 付随音楽『夏の夜の夢』
  • 12の歌曲, Op.8
  • 12の歌曲, Op.9
  • 2つの宗教合唱曲
  • 2つの宗教的合唱曲
  • 3つのイギリス国教会の作品
  • 3つのモテット
  • 3つの二重唱曲
  • 3つの宗教歌
  • 3つの歌曲
  • 3つの詩篇
  • 4つの歌, Op.100
  • 4つの歌, Op.75
  • 4つの歌曲, Op.120
  • 4つの歌曲, Op.76
  • 6つのアンセム
  • 6つの二重唱曲
  • 6つの歌『緑の中で』
  • 6つの歌曲, Op.19A
  • 6つの歌曲, Op.34
  • 6つの歌曲, Op.47
  • 6つの歌曲, Op.50
  • 6つの歌曲, Op.57
  • 6つの歌曲, Op.71
  • 6つの歌曲, Op.86
  • 6つの歌曲, Op.88
  • 6つの歌曲, Op.99
  • オラトリオ『エリヤ』
  • オラトリオ『キリスト』
  • オラトリオ『聖パウロ』
  • カンタータ『シオンよ、主をほめたたえよ』
  • カンタータ『最初のワルプルギスの夜』
  • カンタータ『芸術家たちに』
  • レスポンソリウムと讃歌『讃歌の歌』
  • 最初の春の日
  • 汝はペテロなり
  • 演奏会用アリア『不幸な人よ』
  • 葬送歌『彼が漂い沈みいくの見たか』
  • 詩篇第114『イスラエルの民エジプトを出で』
  • 詩篇第115『我らにではなく、主よ』
  • 詩篇第42『鹿が谷の水を慕いあえぐように』
  • 詩篇第95『さあ、主に向かって礼拝しよう』
  • 詩篇第98『新しき歌を主に向かって歌え』
  • 讃歌『おお主よ、我を助けたまえ』
  • 野に歌う