Sergei Vasil'evich Rachmaninov

ラフマニノフ
ロシア・ 1873 - 1943
4歳の頃からピアノのレッスンを受けており、18歳でモスクワ音楽院ピアノ科を大金メダルを得て卒業。1897年交響曲第一番の初演が失敗に終わるも、1900年から作曲したピアノ大作2曲が大成功し、作曲家としての名声を確立する。1918年にアメリカに渡って以降は主にピアニストとして活動するようになり、ロシア出国後は作曲活動は低調になっていく。1931年スイスに別荘を建て、ヨーロッパでの生活の拠点とする。1942年には家族とともにカリフォルニアに移るが、翌年癌により死亡。

楽曲一覧

  • 交響曲二短調「ユース・シンフォニー」
  • 交響曲第1番
  • 交響曲第2番
  • 交響曲第3番
  • パガニーニの主題による狂詩曲
  • ピアノ協奏曲第1番
  • ピアノ協奏曲第2番
  • ピアノ協奏曲第3番
  • ピアノ協奏曲第4番
  • ジプシーの主題による奇想曲
  • 交響的舞曲
  • 幻想曲「岩」
  • 管弦楽のためのスケルツォ
  • チェロソナタ
  • アレコ
  • コレルリの主題による変奏曲
  • ピアノソナタ第2番
  • 前奏曲
  • 前奏曲
  • 幻想的小品集
  • 練習曲集「音の絵」
  • ロスティスラフ公公
  • 死の島
  • 合唱曲「徹夜祷」
  • 歌曲「ヴォカリーズ」