Carl Maria von Weber

ウェーバー
ドイツ・ 1786 - 1826
モーツァルトによるドイツオペラの伝統を継承し、自らの『魔弾の射手』によってドイツ・ロマン派のオペラ様式を完成、そしてワーグナーへと流れを導いた作曲家。11歳で初めてオペラを作曲。オーケストラの配置を現在に近い形に改めたり、指揮棒を初めて用いた人物としても知られる。当時オペラはイタリアオペラの方が主流になっておりドイツオペラは誰の目にも留まらなかったため、自分が生まれた故郷を作曲に取り入れることによりドイツ人がドイツオペラに対して興味を持ち、そこから全世界へ発信していこうという気持ちが作品に表れている。

同じ作曲家のコンサート

楽曲一覧

  • 交響曲第1番
  • クラリネット協奏曲第1番
  • クラリネット協奏曲第2番
  • コンツェルトシュテュック
  • ファゴット協奏曲
  • 『ペーター・シュモル』序曲
  • 序曲『幽霊の支配者』
  • 歌劇「オイリアンテ」序曲
  • 歌劇「オベロン」序曲
  • 歌劇「魔弾の射手」序曲
  • 祝典序曲『歓呼』
  • アブ・ハッサン
  • オイリアンテ
  • オベロン
  • ペーター・シュモル
  • 歌劇「魔弾の射手」
  • 12のアルマンド
  • 6つのフゲッタ
  • 6つの易しい小品
  • ビアンキの『ここにおいで、美しきドリーナよ』の主題による7つの変奏曲
  • フォーグラーの『カストルとポリュクス』の主題による8つの変奏曲
  • フォーグラーの『サモリ』の主題による6つの変奏曲
  • モメント・カプリチオーソ
  • 自作の主題による6つの変奏曲
  • 舞踏への勧誘

同じ作曲家のコンサート