Paul Hindemith

ヒンデミット
ドイツ・ 1895 - 1963
作曲家、指揮者であり、ヴィオラ奏者。その他にもヴァイオリン、クラリネット、ピアノなど様々な楽器を弾きこなす多才な演奏家であった。生涯に600曲以上を作曲。交響曲やオペラばかりではなく、オーケストラを構成するほぼすべての楽器のためのソナタを作曲した。初期の作風は後期ロマン主義や表現主義の影響が濃厚であったが、1920年代より新即物主義、新古典主義へ移行。モーツァルトの古典的な明瞭さよりもバッハの対位法を好んだ。

楽曲一覧

  • シンフォニア・セレーナ
  • ピッツバーグ交響曲
  • 交響曲 変ホ調
  • 交響曲「世界の調和」
  • 交響曲『画家マティス』
  • 交響的舞曲
  • 吹奏楽のための交響曲 変ロ調
  • 4つの気質 ピアノと弦楽オーケストラのための主題と変奏
  • ヴァイオリン協奏曲
  • ヴィオラと弦楽合奏のための葬送音楽
  • ヴィオラ協奏曲「白鳥を焼く男」
  • クラリネット協奏曲
  • チェロ協奏曲
  • ホルン協奏曲
  • 室内音楽第1番
  • 室内音楽第2番
  • 室内音楽第3番
  • 室内音楽第4番
  • 室内音楽第5番
  • 室内音楽第6番
  • 室内音楽第7番
  • 弦楽と金管のための協奏音楽
  • 管弦楽のための協奏曲
  • ウェーバーの主題による交響的変容
  • おどけたシンフォニエッタ
  • フィルハーモニー協奏曲
  • 古いスイスの歌による行進曲
  • 序曲「エロスとプシュケ」
  • ピアノソナタ第1番「マイン川」
  • ピアノソナタ第2番
  • ピアノソナタ第3番
  • ミニマックス
  • 弦楽三重奏曲 第1番
  • 弦楽三重奏曲 第2番
  • 弦楽四重奏曲 第1番
  • 弦楽四重奏曲 第2番
  • 弦楽四重奏曲 第3番
  • 弦楽四重奏曲 第4番
  • 弦楽四重奏曲 第5番
  • 弦楽四重奏曲 第6番
  • 弦楽四重奏曲 第7番
  • 朝7時に湯治場で二流のオーケストラによって初見で演奏された「さまよえるオランダ人」序曲
  • ルードゥス・トナリス