Jules Massenet

マスネ
フランス・ 1842 - 1912
サンテティエンヌのモントー生まれ。パリ音楽院で教授を務め、多くの優れた作曲家を育成した。彼の作品はオペラで最もよく知られ、その作品は19世紀末から20世紀初頭にかけて大変人気があった。現在も特に「マノン」、「ウェルテル」、「タイス」は頻繁に上演され、主要なオペラハウスのレパートリー演目となっている。愛や生涯を、親密な雰囲気と叙情性のなかで描いた作品が多く、甘美なメロディーとフランス的なエスプリが特徴である。

注目度の高いコンサート

楽曲一覧

  • 組曲第1番
  • 組曲第2番「ハンガリーの風景」
  • 組曲第3番「劇的風景」
  • 組曲第4番「絵のような風景」
  • 組曲第5番「ナポリの風景」
  • 組曲第6番「おとぎの国の風景」
  • 組曲第7番「アルザスの風景」

注目度の高いコンサート