Franz Lehár

レハール
ハンガリー・ 1870 - 1948
ハンガリー出身の作曲家。1870年コマーロムに生まれる。バレエ音楽『サロメの悲劇』で有名な作曲家、フローラン・シュミットとは同年生まれである。プラハにてドヴォルザークから教えを受けたレハールは、ウィーンでオペレッタの作曲家としてデビューした。今やシュトラウスの『こうもり』と並んで評されることの多い『メリー・ウィドウ』は35歳の時に作曲し、大成功を収めた。なお、同作品がアドルフ・ヒトラーの好みであったことから、ナチスとの関係に巻き込まれてしまった歴史がある。代表作に『メリー・ウィドウ』『微笑みの国』などがある。

注目度の高いコンサート

楽曲一覧

  • ワルツ「金と銀」
  • メリー・ウィドウ

注目度の高いコンサート