Benjamin Britten

ブリテン
イギリス・ 1913 - 1976
20世紀のイギリスを代表する作曲家、指揮者、ピアニスト。オペラやバレエ音楽、オーケストラ、室内楽、歌曲から映画音楽まで、数多くの作品を残した。作風は、同時代の作曲家にありがちな前衛的な音作りとは異なり、イギリスの保守性を上手く活用し、機能和声語法を突き詰めた。指揮者としても有能であり、比較的早いときから指揮者活動をしており、のちにイギリス室内管弦楽団を手兵として指揮活動を続けた。

注目度の高いコンサート

楽曲一覧

  • ヴァイオリン協奏曲
  • クラリネット協奏曲
  • スコットランドのバラード
  • チェロ交響曲
  • ディヴァージョンズ
  • ピアノ協奏曲
  • ロンド・コンチェルタンテ
  • 二重協奏曲
  • 若きアポロ
  • 『パゴダの王子』からのパ・ド・シス
  • アメリカ序曲
  • エリザベス朝の主題による変奏曲『Quick and gay』
  • オケイジョナル・オーヴァーチュア
  • カナダの謝肉祭
  • シンフォニア・ダ・レクイエム
  • シンフォニエッタ
  • シンプル・シンフォニー
  • ソワレ・ミュージカル
  • パッサカリア
  • マチネ・ミュージカル
  • モン・フィク山
  • ロシアの葬送
  • 交響組曲『グロリアーナ』
  • 善意の人々
  • 歌劇「ピーター・グライムズ」より4つの海の間奏曲
  • 青少年のための管弦楽入門
  • 『グロリアーナ』からのモリス・ダンス
  • 2つの昆虫の小品
  • 3つのディヴェルティメント
  • アルプス組曲
  • ヴァイオリンとピアノのための組曲
  • エレジー
  • オヴィディウスによる6つの変容
  • クワルテッティーノ
  • スケルツォ
  • チェロソナタ
  • テーマ『ザッハー』
  • ティンパニの小品 (ジミーのための)
  • ノクターナル
  • ハープのための組曲
  • まどろみ
  • まぬけのハンキン
  • ラクリメ-ダウランドの歌曲の投影
  • ラプソディ
  • 世俗的変奏曲
  • 双子座の変奏曲
  • 幻想四重奏曲
  • 幻想曲
  • 弦楽四重奏曲
  • 弦楽四重奏曲
  • 弦楽四重奏曲第1番
  • 弦楽四重奏曲第2番
  • 弦楽四重奏曲第3番
  • 無伴奏チェロ組曲第1番
  • 無伴奏チェロ組曲第2番
  • 無伴奏チェロ組曲第3番
  • 聖エドモンズバリーのためのファンファーレ
  • 行進曲風に
  • アルバート・ヘリング
  • ヴェニスに死す
  • オーウェン・ウィングレイヴ
  • カーリュー・リヴァー
  • グロリアーナ
  • ねじの回転
  • ノアの洪水
  • ピーター・グライムズ
  • ビリー・バッド
  • ポール・バニヤン
  • ルクレティアの凌辱
  • 乞食オペラ
  • 夏の夜の夢
  • 小さな煙突掃除
  • 放蕩息子
  • 燃える炉
  • 12の変奏曲
  • 2つの子守歌
  • 2つの小品
  • 5つのワルツ
  • ソナティナ・ロマンティカ
  • マズルカ・エレジアカ
  • 変奏曲
  • 夜の小品 - ノットゥルノ
  • 序奏とブルレスク風ロンド
  • 組曲『休日の日記』
  • 4つの自由
  • F6登攀
  • アーサー王
  • アガメムノン
  • アテネのタイモン
  • アポイントメント
  • アメリカのきこり
  • イギリスのアメリカ人I
  • イギリスのアメリカ人II
  • イギリスのアメリカ人III
  • イギリスのアメリカ人IV
  • イギリスのアメリカ人V
  • イギリスのアメリカ人VI
  • チャーティスト・マーチ
  • どちらにしようかな
  • ハドリアヌスの長城
  • パンチ・レヴュー
  • ロッキング-勝利の馬
  • 双頭の鷲
  • 古きスペイン
  • 善意の男
  • 地図上のライン
  • 墓の道
  • 天国の会社
  • 帝国の野外劇
  • 彼らは一人で歩く
  • 復活祭1916
  • 支配者
  • 救出
  • 暗い谷
  • 無関係
  • 石の剣
  • 英国のアメリカ シリーズI
  • 英国のアメリカ シリーズII
  • 英国のアメリカ シリーズIII
  • 詩人のクリスマス
  • 辺境で
  • 闇の塔
  • 霊の世界
  • フランク・ブリッジの主題による変奏曲
  • ラクリメ-ダウランドの歌曲の投影
  • 前奏曲とフーガ
  • 12人の使徒
  • 2つの2声部合唱曲
  • 3つの2声部の歌
  • 5つの花の歌
  • 5月
  • A.M.D.G.
  • アンフィオン
  • ウィールデン・トリオ-女の歌
  • カンタータ・アカデミカ-バーゼルの調べ
  • カンタータ・ミゼリコルディウム
  • カンタータ『聖ニコラス』
  • コラール・ダンス
  • テ・デウム
  • パシフィスト・マーチ
  • ミサ・ブレヴィス
  • みどり児はお生まれになった
  • モテット
  • ユビラーテ・デオ(神を讃えよ)
  • 乙女の歌うやさしい歌
  • 今日のための発言
  • 劇場の建設
  • 婚礼のアンセム『我愛す、故に我あり』
  • 小姓マスグレイヴとバーナード夫人のバラード
  • 少年十字軍
  • 年をとったジョーは釣りをしに行った
  • 戦争レクイエム
  • 春の交響曲
  • 来りて主を喜び歌わん
  • 歓迎の頌歌
  • 民主主義を進めよ
  • 気まぐれ
  • 漁師たちの歌
  • 無花果の木
  • 牛たち - クリスマス・イヴと12時
  • 祝祭カンタータ『キリストと共にいて喜べ』
  • 祝祭テ・デウム
  • 神聖と世俗
  • 私は3艘の船を見た
  • 羊飼いのキャロル
  • 聖コロンバ讃歌
  • 聖チェチーリア讃歌
  • 聖ペテロ讃歌
  • 聖母への讃歌
  • 英雄のバラード
  • 詩篇第150
  • 金曜日の午後

注目度の高いコンサート